住宅リフォーム事業者団体国土交通省大臣登録店

多摩地域を中心とした地域で「人や環境にやさしいくらし」をコンセプトにしたリフォームを提供しています

 

 

 

代表 荒口 仁

おかげさまで24年目になりました

 

会社を作ったきっかけは「30歳になったから」でした。今思うと無謀だなぁなんて思うのですが、

当時は野心で夢が広がっていました。「立川で一番の企業にしよう」と目標設定をしたのですが現実はそうあまくありません。

私を成長させてくれるのはいつもお客様です。特に印象的だったお客様のI様。リフォーム相談依頼から約1年。

打合せを繰り返していると2500万円の大規模プランでした。しかし、1年間の中でお客様の環境も変わり、

4500万円の新築を視野に…というお話もありました。

そして最終的にI様が選んだのはリフォームだっだのです。その時の言葉が私は忘れられません。

 

「ぼくたち家族は、今までこの家に守られてきました。だから、これからもこの家で家族を守っていきたいです。」

 

これがリフォームの魅力であり、やりがいなのだと思うのです。

これかもどうぞよろしくお願いいたします。        

 

子どもの事を考えたら自然素材でした。

 

私たちはエネルギーを作りすぎ、そして使いすぎているように思います。これは地球にとって大きなストレスです。

今日、異常気象や環境問題といった地球の話題は尽きません。

今後地球はどうなっていくのでしょうか。次世代の子どもたちはどのように暮らしていくのでしょうか。

今の私たちができる事、それは「せめて現状のまま次世代にバトンタッチする」という事だと思います。

そこでリフォーム会社メイクアップがたどり着いたのが自然素材でした。

例えば調湿機能を持つ無垢材は周囲の温度に合わせて自ら吸収放出を繰り返し、室内の温度を一定に保つ働きをします。

その為エアコンを使い過ぎなくても夏は涼しく冬は暖かく過ごせるのです。また自然素材を使う事によってシックハウス症候群や

化学物質過敏症などの心配をせず、安心安全に暮らせるのです。

そんな人や地球にやさしいエコな暮らしに子どもの事を本気で考えた時にたどりつきました。

 

 

 

家は人が集まるランドマークであってほしいと思っています。

 

家とは、家族が暮らす器です。家で楽しいことやつらい事、たくさんの思い出を作ります。

そして移りゆく季節を感じ、体験します。だからこそ、家はそこで暮らす人々と家自体にとって

ストレスを感じさせない事が良いと考えています。

子どもは子どもらしく遊び、趣味があれば没頭できる。

そんな生活が当たり前に出来る場所こそが本来の家の在り方だとおもうのです。

 

もっと自然に。もっと楽しく。永く住み続けられる。

家は人が集まる、ランドマークであってほしいと思っています。

 

 

多摩地域を元気にしたい

 

オリンピック選手が言っていた「日本を元気にしたい」その気持ちは人を元気にし、感動を生む。

メイクアップは「多摩地区を元気にしたい」そんな想いで地域に特化した活動を行っております。

だから困っている事はなんでもお気軽におっしゃってください。すぐに駆けつける事ができるのが地域密着の特権です。

困ったときには思い出してもらえる同じ町で手を振ってもらえる

顔をみて「元気そうね」なんてそんな手と手を取り合った関係性は私たちの活力です。

 

 

BLOG CHECK☟☟☟

ラッピングバス立川駅北口より芋窪街道を走行中

 月-土(日祝定休)9:00~18:30

 資料請求はこちらから

 

見つけたら

良い事あるカモ!?

メイクアップバス

運行中!!!

 ☎0120-54-6060

ー  ー ー ー ー  ー ー ー ー  ー                 ー ー  ー ー ー ー  ー ー ー